委任状と債権問題を解決し隊

top > 委任状と債権問題情報 > IRコンサルティング会社の役割

IRコンサルティング会社の役割

IRとは、インベスターリレーションズの頭文字を取った用語です。
インベスターは投資家を意味し、リレーションズは関係を意味しますので、企業が投資家との間で信頼関係を構築することを意味します。
この場合において企業は、株主や投資家に対し、財務状況など投資の判断にあたって必要な情報を提供していく活動になりますが、これがIR活動です。
企業はIR活動を通じて、株主や投資家などと意見交換を行い、相互理解を深め、信頼関係を構築します。
企業は、どのような投資家、例えば機関投資家なのか、あるいは個人投資家なのかに対して広報のターゲットを絞って広報を行うかは難しい問題です。
また、投資家がどのようなことを企業に対して期待しているのかその意向を把握することも重要です。
これらのリサーチと分析を、企業に代わって行うのがIRコンサルティング会社です。
投資家に対してヒアリングを行ったり、企業に対して期待する経営方針や財務方針に関して分析し、企業に対してアドバイスを行います。



IRコンサルティングが課題解決に向けてアドバイス

ある会社のIRコンサルティングについては、まず企業を分析していくことから始まっています。
そして、的確なソリューションについて提供していくために、企業を投資家や市場の視点より分析を加えた上で、課題を抽出していきます。
そして、その結果をもととして、豊富である経験や専門性を持っているこれらのコンサルタントが、さらに効果的なIR活動に向けて提案を行っています。
したがって、分析後に関しては、その課題に応じた上でIR活動による目標を設定しています。
つまり、IRによって提供している広範であるサービスメニューの中より最適なメニューを組み合わせた上で、実行までによるプロセスを総合的に支援しています。
つまり、プログラム実行後については、市場の声や投資家の意見などを収集した上で分析します。
そして、あらたな問題点や課題について抽出しフィードバックしていくことによって、次のステップに対して提言を行っていきます。



ぜひ利用してほしいIRコンサルティング

投資家との関係をより良く向上させたいという場合には、専門家によるIRコンサルティングサービスを受けてみることをおすすめします。
ある大手の証券会社が行っているサービスでは、市場の評価を分析して会社の計画とマッチしたIR活動が提案してもらえます。
第三者の視点に立って提案してもらうことができるため、良い参考になるはずです。
また外国人投資家の動向についても明らかにしてもらえて、これまでの経験に基づいてアドバイスもしてもらえます。
さらに将来的にターゲットとすべき投資家を設定するために、目指すべき会社を設定してその株主について分析し、アプローチする方法が提案されます。
企業のIR担当者や社員に対して、IRや投資に関する教育を実施してもらうこともできるため知識を深めるのに役立ちます。
早速問い合わせてみてください。

次の記事へ