委任状と債権問題を解決し隊

top > 委任状と債権問題情報 > IRコンサルティングで得られる利点

IRコンサルティングで得られる利点

IRコンサルティングを活用する利点は、コンサルタントの広い範囲の知識と経験値がもたらす重要となるノウハウの活用の他、IRに関した最先端で幅広い情報の確保にあると言えます。
このノウハウと言いますのは、会社組織側の発信をより効果的に実施し、その上マーケットからの声を受けるための方法です。
加えて、IRに関した情報と言いますのは、IRのトレンド、あるいは他の会社のIR事例などを意味し、ステークホルダーの疑問点などに対処するための判断材料となるものと言えます。
IRコンサルタントといったプロフェショナルな観点を入れることで、一層実際的なゴールが設けやすくなることも、間接的ながら利点としてとらえることができます。
詰まるところ、IRコンサルタントを効果的に使うポイントは、こうした利点を、いかに上手く引き出すかということになります。



IRコンサルティングに関する基礎知識

上場企業につきましては、投資家に対してIRを実施することが求められます。
【IRコンサルティングと言いますのは、株式上場企業に対し、どういった投資家に対して中心に、広報を行なっていくのかを助言したり、或いは顧客の会社に代わって投資家に対してヒアリングをして、投資家がクライアントの会社組織に対しどういった会社の経営方針並びに財務方針を有することを希望しているのかということを伝達し、サポートや助言をしていきます。
上場企業の財務に関する情報、あるいは経営戦略を把握することができるスキルが必要になってきます。
ま ず、財務分析を行なうスキルに関しては最低限でも必須です。
財務分析を行なうことによって、企業の基礎体力、あるいは効率性を判断することができます。
加えて、証券分析のスキルに関しても求められます。
IRコンサルティングという業務は、上場企業及び投資家をマッチングさせる業務になります。



IRコンサルティングとして行われる行為

IRとは企業が株主や投資家に対して行う広報のことになります。
つまりは、うちの企業はこうした強みがあります、この部分が魅力的です、といったことをアピールするような行為になります。
しかし、そんなIR自体が得意ではない、ということも多くあります。
そもそもこれは企業活動として利益を出す為の行為とは言いがたく、特に上場したての企業などはいまいちノウハウがない、何をしていけばよいのかわからない、ということが多いです。
そんなときに役に立つのがIRコンサルティング業者です。
大体、三つに分けることができて、資本戦略、イメージ戦略、広報戦略となっています。
それぞれに何を分析して、何が課題となるのか、といったことからノウハウを持っているところにお願いできるようになっています。
これにより株価対策などにできるようになります。

次の記事へ