委任状と債権問題を解決し隊

top > 委任状と債権問題情報 > IRコンサルティングでプレゼン対策

IRコンサルティングでプレゼン対策

IR情報の開示の方法としては、主にインターネットのホームページ上からがあります。
過去の決算情報であったり、新たな情報などを常に開示をしています。
その会社のことが気になる投資家は、常に情報をチェックしているでしょう。
ではインターネット上からしか情報が開示されないかですが、それ以外にも情報発信をする機会があります。
それは株主総会などです。
最も大きなイベントと言えるかもしれません。
この時には、プレゼン資料を作成して、大勢の株主の前でプレゼンを行います。
IRコンサルティングにおいては、プレゼン対策があります。
プレゼン資料をどうやって作成するか、スピーチ原稿をどうするか、自分自身が発表をした後の質疑応答にはどう対応するかなどです。
事前に質問内容などを想定しておくことで、的確な回答をすることができ、良いイメージを残せるようになります。



株式公開向けのIRコンサルティング

IR活動は、上場企業が積極的に行っています。
投資家向けに行うためになります。
では上場をしていない会社はIR情報を提供していないかですが、そうではありません。
取引先などに情報を開示する必要があります、現在の取引先だけでなく、新たな取引先に向けた情報も開示しています。
上場をしていない会社も行っているIRですが、上場をしていない場合にはある目標を持つことがあります。
それは証券市場への上場です。
東証に上場することもあれば、まずは新興市場に上場することもあります。
その時にはいろいろな活動が必要になります。
IRコンサルティングにおいては、株式公開向けのコンサルティングを受けることができます。
今は新規公開株が非常に人気で、新規の募集価格よりも高値になることが多くなります。
より高い評価を得るためには事前にどんな活動が必要かなどのアドバイスを受けることができます。



IRコンサルティングで買収対策がある

事業をどんどん広げる時、他社を買収することで業績を広げることがあります。
ただし、買収先を無理やり買収するのはよくありません。
相手に買収されて良かったと感じてもらう必要があります。
そのためには、いい印象を与える必要があります。
企業が買収をするのであれば、買収されることも想定をする必要があります。
他社から買収しやすいと感じられれば、敵対的なTOBをかけられることもあります。
するとどんどんある会社に株式が渡ることになり、最終的には役員を送り込まれるなどになります。
IRコンサルティングでは、買収のための対策があります。
まずは自社が他社を買収したいときにどうすればよいかなどのサポートをしてもらえます。
そして、買収をされないために日頃から何をしておく必要があるかなどの対応も必要です。
どちらの場合のサポートもしてもらうことができます。

次の記事へ