委任状と債権問題を解決し隊

top > 委任状と債権問題情報 > IRコンサルティングでニュースリリス対策

IRコンサルティングでニュースリリス対策

企業の株価が変動する要因として、決算の情報が大きいように感じるかもしれません。
でも、決算の情報は事前に予測などで出されていることが多いです。
そしてそれぞれの企業は予測通りになるように活動しています。
ですから以外に決算時に大きく動くことはありません。
大きく動く要因としては、企業からの何らかの発表があったときです。
決算の修正などの情報はもちろんですが、新規事業に進出したり、買収などを行うなどを発表するとそれが影響します。
ニュースリリースとして発表することが多くなるでしょう。
IRコンサルティングにおいては、ニュースリリース対策があります。
ニュースリリースは、基本的には企業が独自にホームページ上などから行います。
より効果があるようなタイミングや開示手法などをコンサルティングしてもらうことで、効果的に開示できるようになります。



財務戦略向けのIRコンサルティング

投資活動をどんどん行うとき、お金が必要になります。
金融機関から借り入れることもありますが、それ以外には市場から債券などを通して資金調達をすることもあります。
新株を発行して株主を募集することで資金調達をすることもあります。
IRコンサルティングを利用するときとして、財務戦略としてがあります。
業績が良い状態であることを示すのは、株価だけではなく、資金調達をするときにも有効になります。
株式分割をしたり、株式の流動性をよくするなどいろいろな方法があります。
コンサルティングでは、それぞれの手法ごとに効果の度合いなどを教えてもらうことができます。
少し調達するくらいであればこれくらい、大きな資金を調達する時にはこれぐらいの対策をしたらよいなどを教えてもらうことができるので、資金調達が行いやすくなり、投資活動もスムーズに行えるようになります。



IRコンサルティングでコーポレートストーリ―構築

企業が存在して運営するには、何らかの目的などがあります。
一般の企業であれば営利目的であることが知られていますが、単に利益を出せばよいわけではありません。
どんな分野で活動をして利益を得ているかなどを示す必要があります。
IRコンサルティングにおいては、コーポレートストーリーを構築するための支援サービスがあります。
コーポレートストーリーは―、企業の存在意味や目的などが、今の活動にどう影響しているかを示したものになります。
経営理念であったり、サービス理念、将来の計画なども含まれます。
コーポレートストーリーに共感をした投資家は、この企業に対して投資をしたいと考えるようになります。
そのため、投資家を増やすチャンスになります。
これまでばらばらに表示しているものをまとめて表示するなどして、投資家にわかりやすくするなどが必要になります。

次の記事へ