委任状と債権問題を解決し隊

top > 委任状と債権問題情報 > 冠婚葬祭において必要となる委任状回収

冠婚葬祭において必要となる委任状回収

冠婚葬祭などのイベントを行う場合、多くの人に対して出席か欠席かについて確認する必要があり、意思表示の手段として委任状が活用されています。
委任状回収の方法はイベントによって異なり、家を訪問して回収する方法以外に、郵送で回収する方法も多く採用されています。
郵送の場合、往復はがきを使用する場合が多いですが、手紙タイプの委任状では返信用の封筒を同封する手段が用いられます。
なお、イベントの準備をスムーズに行うためには、なるべく早い段階で委任状回収を行うことが重要で、具体的な提出期限を明記して期限厳守を呼びかける必要があります。
また、委任状の配布数が非常に多くて回収作業が大変という場合には、専門業者へ依頼するのも有効な手段で、よりスムーズな委任状回収を目指せます。
その際、料金体系や信頼性などをチェックしながら業者を選ぶことで、より安心して依頼できます。



委任状回収を的確に行い効力を失効させる

委任状とは手続きなどで本人が行うべき事項などの権利を第三者に委任する補償となる文書の事です。
都合がつかなかったり自分で執行する事ができない場合などに委任状を作成して他社に依頼する事が可能です。
委任状には法令で定められた効力期間はないものの、日付が古すぎる場合にはトラブルの原因になるので多くの機関で作成から3か月以内のものが有効などとされています。
委任状に記載する日付は委任した日付を記載する必要があり、本人を確定する為に生年月日や電話番号の記載をする必要があります。
委任状を作成してから期間が空きすぎてしまうと電話番号や住所などが変わってしまい、本人を確定する事が難しくなってしまいます。
委任状を書いたものの自分が実際に執行する事ができるようになった場合には、委任状回収を行い効力を失効させる事が大切です。



委任状回収のサービスも最近は登場しています

企業の株主総会や町内会の総会など、様々な総会に欠席する場合に委任状を提出する機会も少なくありません。
提出する側はそれほど大きな負担はありませんが、回収する側にとっては期限を事前に決めて委任状を配布し、欠席する方たちから回収を行うという面倒が業務があります。
町内会程度の人数なら負担もそれほど大きくありませんが、企業の株主総会になると非常に大きな負担になるケースも珍しくありませんので、委任状回収をスムーズに行うための方法をしっかり確立する必要があります。
最近は委任状回収のサービスを行っている業者も登場していますので、無駄な労力を省くためにも上手く活用するのがオススメです。
基本欠席者が委任状を書いて郵送する、インターネットを活用して期限までに送信してもらう形式が採用されていますが、中には連絡しないと動いてくれない方たちもいらっしゃいますので、サービスを利用して回収を代行してもらうことをオススメします。

次の記事へ